今日は下水道の日です

query_builder 2021/09/10
ブログ

こんにちは!今日は久しぶりの晴れ間、すこし汗ばむ気候ですね。

本日は下水道の日なんだそうです。


下水道の整備の促進について人々の理解と協力を呼びかけようと、1961年に建設省(現国土交通省)が制定。この時期が立春から数えて220日目にあたる二百二十日で台風による水害が発生しやすい時期であるために、下水道をアピールするのに最適であるとしてこの時期が選ばれた。


というわけで下水道の基礎的な知識と不動産についてお話します!


下水道とは、下水道法第2条第3号により「主として市街地における下水を排除し、又は処理するために地方公共団体が管理する下水道で、終末処理場を有するもの又は流域下水道に接続するものであり、かつ、汚水を排除すべき排水施設の相当部分が暗渠である構造のものをいう」と定義されています。


簡単にいうと、

・キッチンやお風呂、洗濯から発生する生活排水

・トイレからでるし尿

・降水により発生する雨水


などを排水するために地方公共団体が管理する施設ということですね!

下水はおおよそ地下に埋設されている下水管によって処理施設に運ばれ、適切に処理(浄化)された後、川に放流されます。



公共下水道の種類には合流式分流式があり、

合流式は雨水と排水(生活排水とし尿)を同一の管渠系統で排除し、

分流式は雨水と排水を別の管渠系統で排除します。


合流式は雨水と排水を一緒に廃除するので分流式に比べて簡単に施工できるのですが悪臭の発生や一定量を超える降雨があった場合には、し尿を含む汚水が未処理のまま雨水と一緒に河川などへ放流され、水質を悪化するなどの問題があるため

1970年(昭和45年)の下水道法改正以降に整備された公共下水道は、原則として分流式になっています。


しかし、早い段階で下水道が整備された都市中心部は未だに合流式であることが多く

近年線状降水帯やゲリラ豪雨、大型台風の発生などの大雨が増えており、

自治体では合流式から分流式への切り替えが急務となっているようです。



汚い嫌なイメージが付きがちの下水道ですが、生活するうえでは必要不可欠なもの。

今日は下水道に感謝しながら過ごしたいと思います!!



23区・川崎市の不動産投資の事なら

株式会社 山友不動産

NEW

  • 2022年あけましておめでとうございます。

    query_builder 2022/01/11
  • 飯田GHD、露企業を子会社化し木材安定確保へ

    query_builder 2021/12/09
  • 百日祝い!

    query_builder 2021/11/30
  • オフィス賃料指数、全国平均で下落

    query_builder 2021/11/26
  • マンション募集家賃、都下・神奈川・千葉が全面積帯で上昇

    query_builder 2021/11/25

CATEGORY

ARCHIVE