賃貸住宅設備系の新資格!「賃貸住宅メンテナンス主任者認定制度」ってなに?いつから?

query_builder 2023/10/30
ブログ

今日は11月6日より申込開始となる

賃貸不動産メンテナンス主任者について解説しようと思います。



賃貸不動産メンテナンス主任者資格(Property Management Certification)は、不動産管理業界で、賃貸物件の効果的な管理とメンテナンスを担当するプロフェッショナルとして活動するための資格の一つです。

この資格は、不動産所有者、不動産管理会社、または物件管理者によって要求されることが多く、賃貸物件の価値を最大限に引き出し、入居者の満足度を高めるためのスキルと知識が身につきます。

1. 資格の目的と重要性:

賃貸不動産メンテナンス主任者資格は、不動産業界において賃貸物件の管理に携わるプロフェッショナルに対して、以下のような重要な目的を持っています。

賃貸物件の適切な管理とメンテナンスを通じて、物件価値を保ち、増加させる。
入居者の要望や問題に迅速かつ適切に対応し、入居者の満足度を高める。
関連法令や規制に従い、法的な問題を最小限に抑える。
物件所有者や管理会社とのコミュニケーションを円滑にし、信頼関係を築く。


2. 資格の取得方法:

賃貸不動産メンテナンス主任者資格を取得するためには、

独自の公式テキストと講習動画で学習した後

IBT形式による試験を受験し合格することで取得できます。


IBT形式とはインターネットを介して行われる試験の形式で

いつでもどこでも受験することができ、その場ですぐに結果を確認することができます。
また、何度でも受験することができるため知識定着があやふやな場合でも復習をしてより確実に学習することができます。


とても便利ですね!


3. 資格の内容とスキルセット:

賃貸不動産メンテナンス主任者資格を取得することで、以下のスキルと知識を習得できます。


試験を受験する前に、独自の公式テキストと講習動画で学習できます。

<実務者が監修した現場に即した学習範囲>
・賃貸住宅のメンテナンスの重要性
・建物・設備の基礎知識
・修繕対応から学ぶ設備の基礎知識(給排水設備、ガス・電気設備、雨漏り)
・消防設備の基礎知識
・外部改修工事の基礎知識
・巡回点検業務のチェックポイント
・法令点検とコンプライアンス
・原状回復工事

4. 資格の利点:

賃貸不動産メンテナンス主任者資格を取得することは、不動産管理業界でのキャリアに多くの利点をもたらします。

a. プロフェッショナルな認知: 資格を持つことで、雇用主やクライアントからの信頼度が高まります。

b. キャリアの進展: 資格を持つことで、管理業務において請け負える仕事の増加やキャリアアップの機会が増える可能性があります。

c. 顧客の信頼: 入居者や物件所有者は、資格を持つ管理者がいるとプロフェッショナルで信頼性が高いと認識し、信頼性を高めることができます。

d. 法的コンプライアンス: 資格を持つことで、不動産法令や規制に対する適切なコンプライアンスが確保され、法的なリスクが低減します。

e. 収益の最大化: 適切な管理とメンテナンスにより、物件の価値を維持し、賃貸収益を最大化するのに役立ちます。


また、資格を取った後のフォローアップ講座やAIメンテナンス主任者の使用もできるのだそうです。

今後に期待ですね!



まとめ:

賃貸不動産メンテナンス主任者資格は、不動産管理業界におけるプロフェッショナルとしての知識を増やしし、賃貸物件の適切な管理とメンテナンスを担当するための重要な資格になるかもしれません。

またオーナー様もこの資格を取得することで、法令遵守、財務的健全性、入居者満足度の向上など、多くのメリットが!


気になる方は2023年11月6日から公式HPにて受講お申込み開始だそうです。

是非ご検討ください!

弊社社員も受講予定です。

NEW

  • 住宅ローンが払えない…!?払えなくなったらどうなってしまうの?対策方法は?

    query_builder 2024/07/11
  • 持っている空き家を貸したい!メリットデメリットは?

    query_builder 2024/07/01
  • 不動産相続の基本ガイド:相続の基本の流れから注意すべきポイントまで

    query_builder 2024/05/19
  • 親が介護で施設に!どうしたらいいか

    query_builder 2024/05/17
  • 賃貸住宅メンテナンス主任者試験を受験してみました

    query_builder 2023/11/10

CATEGORY

ARCHIVE