台風14号が近付いています

query_builder 2021/09/18
管理

おはようございます。

台風14号が近付き世田谷区にも大雨・洪水警報 強風・雷注意報がでております。

これから接近に伴いより被害が大きくなる可能性がありますので自治体の情報を確認し早め早めの対応をお願い致します。


さて、近年皆様もご存知の通り大型かつ強力な台風の増加、線状降水帯発生やゲリラ豪雨の頻発などにより水害・土砂災害によるリスクが増加しております。


賃貸物件に火災保険をかけているオーナー様でも、床上浸水などの『水災』に対する保証については、保険加入時に外しているケースが多いようです。

水災補償をつけてしまうと、保険料が数万円単位で上がってしまうためですね。


しかし、先述しました通り、台風以外にも夏場のゲリラ豪雨や集中豪雨などによる水害が非常に多くなっているということは忘れてはいけません。

もちろん、集中豪雨があったからといって、必ず床上浸水などの被害が出るわけでもないですし、絶対に加入しておくべきとまでは言えません。


まずは、自治体などが公表しているハザードマップを確認し、自分が所有している物件周辺に関する水害リスクを確認し、水害の危険が高い地域だというのであれば、水災補償までつけたほうが良いかと思います。


なお、火災保険というものは、いろいろな補償を組み合わせたパッケージ商品として販売されていることから、現在加入している火災保険に「水災補償」を後付けしたい場合は、一度解約して水災補償付きの火災保険に再加入しなければならない場合がございます。


詳しくは、現在加入している保険会社に問い合わせて現在の補償内容や保証を付ける場合の諸手続きについて確認してみてくださいね。



23区・川崎市の不動産投資の事なら

株式会社 山友不動産

NEW

  • 2022年あけましておめでとうございます。

    query_builder 2022/01/11
  • 飯田GHD、露企業を子会社化し木材安定確保へ

    query_builder 2021/12/09
  • 百日祝い!

    query_builder 2021/11/30
  • オフィス賃料指数、全国平均で下落

    query_builder 2021/11/26
  • マンション募集家賃、都下・神奈川・千葉が全面積帯で上昇

    query_builder 2021/11/25

CATEGORY

ARCHIVE